Kugai's
想い出のあまるべ
キハ181-12・特急はまかぜ
想い出のあまるべを見ようと、こちらもいつまであるのかわからないキハ181の「はまかぜ」に乗って、豊岡へ。
もちろん、姫路までは新快速で先行しましたが・・・。
浜坂行
・・・で、豊岡の窓口で聞いてみると、指定がとれてしまったので、そのまま乗車。表示幕はそっけないのが逆にいい感じ。
オハ12 345
指定された車輌は3号車の「オハ12 345」
12系車内
12系…というか、客車の座席車なんて久しぶりです。
灰皿と栓抜き
いまだに残るJNR模様入りの灰皿とセンヌキ。
餘部お立ち台
1時間足らずで餘部に。「お立ち台」は大変なことになってました。
想い出のあまるべ
餘部で少し止まった後、列車は浜坂へ。客層はマニア半分・それ以外半分という感じでした。
スハフ12 155
機回しのためDD51が外された編成。
スハフ12 155 - オハ12 352 - オハ12 345 - スハフ12 129 という編成でした。
Amazon特別プロモーション
スハフ12 129
こちらは反対側。
連結!
DD51がやってきて、連結!
想い出のあまるべ
機回し完了。
ヘッドマークははじめから両面につけていた模様。
DD51 1183
機関車は宮原のDD51 1183でした。
京キト
客車は向日町車。
MCR400
駅の外れに除雪仕様のモーターカーが。
MCR400
新潟鐵工所製のMCR400型。4628。
EF15 120
浜坂駅では「パタパタ」が今なお現役でした。さすがに愛称は入らずに「臨時快速」となっていましたが。
帰りは浜坂→餘部は平和な車内だったんですが、その後は大混雑に・・。